しわ

しわに悩む方に知っておいてほしいこと

しわを消したい、目立たなくしたいという方の多くが、とにかく保湿ケアと考える方が多いのですが、保湿ケアで解決可能なしわは、お肌のごく浅い部分までのしわです。

お肌の水分が不足して、肌がしぼんだような状態でできたしわは、水分を補えばふっくらとしてしわは目立たなくなります。

やっかいなのはお肌の奥の真皮にまで刻まれた深いしわです。

真皮には肌のハリと弾力を生み出しているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがありますが、これらのバランスが崩れたり、コラーゲンそのものが減少してしわができていると、保湿ケアではしわが戻りません。

真皮にまで刻まれた深いしわを何とかしたいという場合、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを修復することが必要です。

多くの化粧品は、深く刻まれたしわが保湿ケアだけでは改善しないということをはっきり説明していません。

しわを消したいなら、とにかく保湿ケアしましょうということで、化粧水や美容液を一生懸命塗ることをすすめているようですが、保湿ケアだけを意識した化粧水や美容液でケアしても、実感できないでしょう。

口コミで高評価の化粧水と美容液、クリームをライン使いしているけど、あまり効果を感じられないという方が多いのは、その化粧品がお肌の表皮の角層に作用しているにすぎないからです。

基本的に真皮にまで化粧品は浸透しないのですが、真皮にある細胞に働きかけることはできます。

真皮でコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生み出している細胞、線維芽細胞を元気にしてくれる成分があるのです。

それがFGFという成分です。

FGFは線維芽細胞増殖因子とも呼ばれ、化粧品の成分としては「ヒトオリゴペプチド」という表記がなされているはずです。

この成分が含まれている美容液を使うことが、深く刻まれたしわをケアするキーポイントなのです。

FGFという成分は比較的新しい成分ということもあって、化粧品でもまだそれほど多くないのですが、美容皮膚科医が監修したエイジング化粧品など、一部通販限定で販売されているものもあります。

ドラッグストアなどで気軽に購入できる化粧品を使っているという方には、FGF配合の化粧品は高価に感じるかもしれませんが、使ってみれば、その実力に驚かれることでしょう。

お値段が気になって、続けることができるかどうか心配という方には、美顔器の使用もおすすめです。

美顔器を使ってできるだけお肌の奥へFGFなどの美容成分を届けることができれば、化粧品の使用量を少なくすることもできます。

これまでいろいろな美容液や化粧水を使ってきたけど、私のしわは相変わらずですという方は、FGF配合の化粧品と、美容液の組み合わせたケアをぜひやってみてください。

2016年6月15日|

カテゴリー:しわ