毛穴ケアもまずは保湿ケアがポイント

毛穴ケアもまずは保湿ケアがポイント

毛穴の黒ずみや開きに悩んでいる方は多いのですが、毛穴をなくすことはできません。

生まれたばかりの赤ちゃんから、小さな子供にも、モデルや女優さんにだって毛穴はあります。

毛穴はあるけれど、目立つか目立たないかの違いなんです。

赤ちゃんや子供にも間違いなく毛穴はあるのに、全然毛穴が目立たないのはなぜでしょうか?

それはお肌に水分が十分にあって、ふっくらとハリがあるので、毛穴が引き締まっているからです。

ちょっと想像してみてください。

絹ごし豆腐は、真っ白でつるんとして滑らかで、あんなお肌になりたいと思いますよね。

次に想像してもらいたいのが高野豆腐です。

高野豆腐は冬の戸外で夜間に凍らせて、日中に溶けて、再び夜間に凍らせてというのを繰り返し、豆腐の水分を抜いて乾燥させたものです。

高野豆腐はつるんとしていますでしょうか?

ザラザラとして無数の穴が開いていますよね。

ちょうどスポンジのような感じですが、私たちのお肌も水分がなくなると高野豆腐のように硬くザラついて来るんです。

本来水分が存在していた部分が小さな空洞になってキメの粗いお肌になるのです。

引き締まって目立たなかった毛穴も開いてしまうんです。

ですから、毛穴の開きに悩む方は、まずはしっかりと保湿ケアをして、お肌が水分をキープできる状態に整えましょう。

お肌が水分ほキープできる状態とは、肌に保水力がなければなりません。

肌の保水力とは、お肌の表皮の角質細胞同士をつなぎ合わせているセラミドが十分になければなりません。

セラミドには角質細胞同士をつなぎ合わせて、外部刺激がお肌の内部に入らないようにするバリア機能があります。

また、お肌の内部から湧き出る水分を抱え込んで、水分が蒸発しないようにも機能しているのです。

このセラミドが不足すると、お肌は外部刺激をダイレクトに受けてしまうため、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

保湿ケアとは化粧水で外側から水分を補うまえに、不足しているセラミドを補う必要があるのです。

毛穴の開きでお悩みの方もまずはセラミドが配合された化粧水や美容液で、お肌の保水力を高めることから始めてみましょう。

お肌の保水力が戻れば毛穴も引き締まる方は実際に多いのです。

保湿ケアとはお肌の保水力を高めることがポイントで、保水力が高まれば、毛穴の悩みも解決する方が多いのです。

それでも毛穴が目立つ、毛穴の黒ずみや開きが気になるという方は、次のステップの毛穴ケアが必要になります。

この点については、また別の機会に詳しく解説します。

2016年6月10日|

カテゴリー:毛穴