ハリ

肌のハリを取り戻せば一気に若々しくなる!

お肌の悩みはさまざまですが、30代を過ぎるころから多くの方を悩ませるのがいわゆる年齢サインというものですね。

しわやたるみ、シミ、ほうれい線、毛穴の開きなどですが、これらの多くは年齢とともにお肌の新陳代謝が衰えることと関係しています。

年齢のせいだから仕方がないとあきらめる方が多いですし、ある程度仕方のないことではあるのですが、あきらめたらどんどん年齢からくる悩みは増えるばかりです。

女性はいくつになても輝いていたいですし、本人の心がけと努力次第でいくつになても輝き続けることはできます。

あきらめてしまっては、そこで終わりです。

あなたは今年50歳だとしましょう。

50歳のあなたが高校時代の同窓会に出席する場面を想像してみてください。、

高校時代の面影があり、名前と顔が一致する、あるいは高校時代の思い出が一気に浮かんでくるという人もいれば、誰なのか全くわからず、名前をきいて、「ウソだろ・・・」という人もいるでしょう。

また、同じ50歳とは思えないほど、若々しく、エネルギッシュで30代にしか見えないという人もいるかもしれません。

このように同じ50歳同士でもなぜ見た目の違いがあるのでしょうか。

それは日々どのような生活スタイルであるか、また女性であればどんなスキンケアをしているかなども大きな要素となるでしょう。

女性が若々しく見えるかどうかのポイントはいくつかありますが、大きなポイントはお肌にハリがあるかどうかです。

肌のたるみやしわの悩みも、肌のハリが不足しているから起こるものです。

肌のハリが不足するのは、お肌の土台でもある皮下組織の筋肉、表情筋が衰えることと、皮下組織の上にある真皮層を構成しているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが減少したり、崩れたりするからです。

ここまでの話を聞いて、「だからコラーゲンドリンクも飲んでいるし、コラーゲンたっぷりの鶏の煮込みなんかもよく食べているし・・・」なんている方もいるかもしれません。

お肌のハリを取り戻すには、お肌にコラーゲンがたっぷりと存在していれば、ぷるぷるのお肌になって、ハリが戻ってくると思うのも無理もないことではあります。

でも、残念ながら、コラーゲンを口から摂取してもそのコラーゲンがお肌のコラーゲンとなるわけではありません。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですから、口から摂取すると胃腸でアミノ酸に分解、吸収され体の各部に届けられます。

また、コラーゲン配合の化粧水や美容液をお肌に塗っても、化粧品は真皮層までは届きませんから、角層にしみこんで保湿成分として作用するだけです。

ではハリを取り戻す方法はないのでしょうか?

50歳の方が20歳のころのハリを取り戻したいということであれば、これはもう美容整形しかないのですが、少しでも若々しく、「50代でも40代前半にしか見えない!」という程度であれば、できないわけではありません。

私は、このような消極的なスキンケアではなく、もっと積極的に若々しいお肌を取り戻しつつ、キープしようと考えることをおすすめします。

ポイントはコラーゲンやヒアルロン酸を補うことではなく、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す肌細胞に働きかけること、そして皮下組織の表情筋を鍛えることです。

詳しくは下記のページを参考にしてみてください。

xn--88jybye5a3zrf561wlcyar90d.jp/biganki/

2017年4月20日|

カテゴリー:ハリ