2016年7月の記事一覧

体の中から美白になる方法

美白になる方法というと、美白化粧品のおすすめにどんなものがあるのかとか、日焼け止めなどお肌の外側からどのようなケアをするかということを気にする方がいますが、体の中から美白になる方法も考えることが大切です。

体の中から美白になる方法とは、食事や睡眠、運動の習慣などに配慮して、体全体のリズムを整え、お肌の新陳代謝を正常に保つことです。

お肌は一定のリズムで古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。

若いころには日焼けしてもシミになることもなく、しばらくすると元の肌の色に戻りましたよね。

シミに悩み始める方が増えるのは、30代以降というケースがほとんどですが、これは30代以降になるとお肌の新陳代謝のスピードが遅くなることが大きな原因です。

紫外線を浴びてメラニンが発生しても、新陳代謝がスムーズであれば、古い肌細胞とともにメラニンは垢となって剥がれ落ちます。

ところが30代以降は新陳代謝のスピードが遅くなるため、メラニンがお肌に残りやすくなります。

このメラニンがお肌のごく浅い部分にあるうちに、新陳代謝によって排出できればシミとして残ることはありません。

年齢を重ねてもシミのない美白な肌であるためには、お肌の新陳代謝をできるだけスムーズに保つことがポイントです。

そのためにはお肌の細胞の材料となるたんぱく質や脂質を不足することなくしっかりと摂り、ビタミンやミネラルなどスムーズな新陳代謝のために必要となる栄養素もしっかりと摂る必要があります。

またお肌の新陳代謝は眠っている間に行われます。

新陳代謝と関係の深い成長ホルモンは、22:00から2:00の間に活発に分泌されます。

この時間にしっかりと眠ることがお肌の新陳代謝をスムーズにすることにつながります。

運動は血行を良くして、肌細胞に酸素と栄養をしっかり届けることにつながります。

食事と睡眠、運動でお肌の新陳代謝をスムーズに保つことが、体の中から美白になる方法だという理由がお分かりいただけたでしょうか。

2016年7月 9日|

カテゴリー:シミ